グループ会社情報

 

 フジメカニックでは、装置のメンテナンス、光学硝子研磨、レンズ室数算出ソフトウェアの開発など、グループ会社とともに幅広い分野でお客様のサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。

 

メンテナンス|株式会社ディーエムサービス

 たとえば真空蒸着装置の場合、一般的な稼動状態で1~2年に一度のメンテナンスが必要になります。

 グループ会社の株式会社ディーエムサービスでは、これまでに新旧様々なタイプの真空蒸着機や真空ポンプの修理、メンテナンスの実績がございます。また、メンテナンスの際に、お客様が部品の加工やカスタマイズなどをお望みの場合、当社の加工チームと連携することでスムーズにメンテナンスが行えます。

 

光学ガラス研磨|株式会社アーネスト

 光学硝子研磨において小ロットの平面研磨をご希望のお客様には、当社グループ企業の株式会社アーネストをご紹介しています。

 株式会社アーネストでは、平行平面ガラス、プリズム、板厚が数μmの薄板ガラスなどを主に製造しています。また、良コート面はそのままで不良コート面だけの再研磨も可能です。株式会社アーネストは小ロット多品種で生産しているため、試作品あるいは急な依頼品にも対応可能です。

 

ソフトウェア

 治具の設計にはさまざまな問題があります。たとえば蒸着治具のレンズ室と配置の問題では、一般的にレンズ室数が多ければ多いほど生産効率が大きくなるためお客様には喜ばれます。しかし、レンズ室の形状、寸法、配置方法には相関があるため、簡単にレンズ室数や配置形状などを求めることはできず、CADによりこれらを求める方法が一般的です。ところがCADを用いてレンズ室数や配置形状を求める方法では時間もコストもかかりあまり効率的ではありません。当社ではこのような問題を解決するため、グループ会社の株式会社アーネストと協力し、簡単にレンズ室入り数や配置図などを求めることができるソフトウェアの研究開発なども行っております。また、このほかにも、データベースソフトウェアによる業務、生産管理ソフトウェアの開発などを行っております。

光学治具レンズ室入数計算ソフトウェア「posi角丸」

 CADを使わず簡単にレンズ室の入数や配置を決定、算出できます。シングル治具はもちろん、ダブル治具のピン、溝の位置まで簡単に決めることができます。表示された治具イメージを設定情報とともに印刷することも可能です。100パーセント自社開発ですので、ご要望に応じてカスタマイズ可能です。

 

お問い合わせ | 採用情報 | サイトの閲覧に関して
Copyright © 2007 Fujimechanic Co., Ltd, All rights reserved